写真とコトバの練習帳

日々をつづる、メモブログ。

ゼロ次会はここで決まり!一度は飲みたい広島の生ビールはこれ!

酒処で有名な広島ではありますが、美味しい生ビールの飲めるお店があります。しかも1コインで。1コインの生ビールなんて珍しくないと思われるかもしれませんが、注ぎ方にちょっぴり特徴のある生ビールです。

お店はここ

それは、路面電車の「胡町」(えびすちょう)駅から徒歩10分程のところにある「ビールスタンド重富」。

重富酒店の横に17時から19時の2時間だけ営業しています。小さなお店なので、天気のいい暑い日には行列ができていることも少なくありません。

定休日は月に一度程度で、ほぼ毎日美味しい生ビールを飲むことができます。


f:id:monokakiko:20170802100910j:image

この看板が目印。本当に小さなお店なので、見逃さないように注意して下さい。また、日によって重富さんではなく、お弟子さんが継がれていることもあります。

ビールスタンド重富の特徴はこれ!

このお店にはいくつかの特徴がありますので、先にまとめておきます。

  • 生ビールだけしか置いていないお店です。おつまみもありません。
  • 椅子はありません。ビール樽のお席にビールを置いて楽しみます。
  • 生ビールの銘柄は一種類ですが、注ぎ方が選べます。
  • 生ビールは1人2杯までしか注文することができません。

一般的な立ち飲み屋さんなどとはちょっと違うことがおわかり頂けると思います。

並んでいる場合には、重富さんがこちらにどうぞとお席(立ち飲みですが)を案内してくれるまで少し待ちましょう。

店内の様子はこちら

重富さんが店内に招いてくれたら、店内に入ります。お席は重富さんが指定してくれるので、そこに立ちます。

f:id:monokakiko:20170802101144j:image

重富さんのイラストの描かれたコースターもかわいい。

f:id:monokakiko:20170802101204j:image

席についたら、下のメニューからどのつぎ方にするか選びます。1人2杯までしか飲めないので、じっくり選びましょう。

 f:id:monokakiko:20170802101310j:image

メニューがよくわからない

「昭和」と「平成」という言葉がメニューに並んでおり、どちらの時代に使われていたビールサーバーのビールで入れるビールにするかという意味です。

昭和よりも平成の方が、ビールが速くグラスに注がれるという特徴があります。

注ぐビールの速さにより、グラスへ注いだ時のビールの泡のふわふわ感や炭酸のしゅわっと感が全く違ったものになります。

サーバーごとの泡の部分と液体の部分との組み合わせを変えて、ビールを注いでくれるというわけです。
f:id:monokakiko:20170802101053j:image

手前が「昭和」で奥が「平成」のもの。

f:id:monokakiko:20170802101227j:plain

さて、ビールがきました!こちらは「一度注ぎ」。とにかくのど越しが最高です。特に暑い日にはたまりません。

重富さんのトークにも注目!

ビールの他に、もう一つ楽しんで頂きたいのが、重富さんのトーク重富さんはビールで広島を元気にしたいというポリシーをお持ちの方。

ビールを注いでくれる最中も、ビールの説明は決して忘れません。

初めて来られる方は、注ぎ方が違うってどういうこと?と思われるかもしれませんが、だまされたと思って一度飲めば納得して頂けると思います。

重富さんはとても面白く親切な方なので、わからないことがあったら色々聞いてみてくださいね。何でも親切に教えてくださいます。

今回は「一度注ぎ」のみのレビューですが、もう一杯頼むこともできます。味比べをしてみれば、その違いに驚きを隠せないはずです。そしてきっと、重富さんファンになってしまうでしょう。